Huddle BLOG by Centennial

huddle.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 21日

KATE

オーダー品ではありませんが、なかなかの出来栄えだったので、アップ。

ニューヨークでお世話になったご夫妻の間に生まれた、ケイトちゃん。
何かプレゼントを、と思い製作。

赤ちゃんというイメージもあり、何か小さくて凝ったモノが贈りたかった。
かといって強いテーマのものも贈りたかった。

ってなことで、Huddleのブランドマークでもあります、カナヅチを製作。
そしてそのカナヅチで何かを、バーン!!!と打ち崩したかった。

僕の勝手な思いは、”常識”。

e0164969_2052270.jpg


打ち砕かれた「J」「O」「S」「H」「I」「K」「I」。
それぞれの小さな小さな欠片に刻印しております。

ネックレスにしてもOK。
キーホルダーに通してもOK。

使い方はご自由に!というトップたち。

たとえば、
「Josh」
「Orland」
「Shimada」
「Hose」
「Ishikawa」
「Kate」
「Irab」
という親友に配っちゃうのも、これまた乙。


material : K18
[PR]

by huddle08 | 2013-05-21 20:05 | ORDER MADE & 1点モノ
2013年 05月 21日

オーダー : ブローチとそれを待つもの。

さて。
僕はこのオーダーをどう書こう。
未だ整頓せぬまま、書き出しました。
ひとまず、ただただ想いのまま、書き連ねてみます。

まずは事象を。
数年前、Huddleの3Fをギャラリーとして貸し出していたころ。
クリスマスのリース展をして頂いた方がおられます。
自然を、モノを、ヒトを、笑顔を、本当に愛されている方。
まるでこちらが不純であるかのような錯覚になってしまうくらい、真っ直ぐな表現をされる方です。
それでまた、リースが、カッコイイ。
僕たち夫妻も本当に好きで、Huddleのクリスマスリースは毎年使わせて頂いております。
そんな繋がりから、イラストを描かれております娘さんも3Fのギャラリーをお使い頂けたり、近くに来られた際にご来店頂いたり。

そして、そこにはお母様のリースの展示、娘さんのイラストの展示に足を運んで頂いておりました、お父様がおられました。
『このヒトは、モノづくりのヒトだ。』
端くれでも、モノを作っている僕から解る、直感、無言の共通言語。
『そして加えて、頭脳のヒトだ。』
頭脳を使わない僕だから感じる、独特の劣等感と羨望。
”表現者一家”。
これが、僕の勝手に思い描いていたイメージでした。

昨年の大丸神戸店でのイベント、娘さんが足を運んで頂きました。
「父が、亡くなりました。」
「母が、大変落ち込んでいます。何か、元気付けてあげたい。」
と、言葉を絞り出した娘さん。
(何か、してあげたい。)と思う僕。

e0164969_2041850.jpg

僕たちなりの少ない経験から出た答え。
それは、これからひとつ、楽しみを増やしてもらいたいという事。

ブローチ(右下)には、自然・動物・ヒト。
枝に宿る鳥、落ちる雫。
実を刈り取り、ワインにするヒト。
鉛筆にするヒト。
まっすぐに、ただまっすぐに、繋がるサイクル。

テーマもさることながら、当然、造形として美しいブローチを心掛けて作りました。
あくまで、装飾品。
着けて頂いて、様になることを目指しました。

そしてプレート(左下)には、お父様が学生時代にお勉強されておりましたノートより抜粋した、図形・文字を組み合わせました。
手書きの文字は、方程式や元素記号などから抜き取り、お二人の名前に並べ替えております。
プレート上部の車のイラストは、イラストレーターの娘さんが記したもの。

e0164969_2043549.jpg

本が大好きなお二人との事でしたので、並べると見開いた本の形に。
普段お出かけの際には、右側のブローチを着用頂き、帰ったらこのように収まるしております。
クッション替わりに、花壇のようなオブジェも添えました。




僕たちは、あくまでアクセサリー屋です。
装飾品を作る団体です。

ただしそれを生業とする、エンターテイナーであるべきなのです。
このような事は何度か書いておりますが。

悲しみを消す事はできませんが、楽しみをひとつ、増やすことはできます。

この大事な核心を、改めて強く思わせて頂いたこのオーダー、本当に嬉しく思っております。

また、変われる。
また、戻れる。
よしっ、ひとまず進も!
[PR]

by huddle08 | 2013-05-21 20:04 | ORDER MADE & 1点モノ
2013年 05月 21日

marriage 51

e0164969_2024615.jpg

旦那様のリング(左)は、K18ホワイトゴールド。
奥様のリング(右)は、K18で。

旦那さまのリングは、表面をざらざら粗し、クレーターのような凹凸感を付けつつも、ビシッとしたリングに。
何度も何度も薄さや幅を調節し、お好みのボリューム感に仕上げました。
ここは僕たちのスタイルが最大限に生きるところ。
厚み・幅、0.5mm違えばイメージはガラッと変わります。
少しづつ、少しづつ、調整しながらお好みに合わせる。
僕たちの、「コレ!」と、お客さんの「ソレ!」が合う瞬間を、僕たちは楽しんでおります。

奥様のリングは、細い線を使用し非常に日常に馴染みやすいリングに。
しかし実は1箇所、ぷくっとした部分を設けてあります。
そこがまた愛らしいポイントに。
一見普通だけれど、一辺倒ではない。
その辺りの着地点は、ハドルの原点でもあるのです。

イラストを描かれるお二人は、手書きの彫字を選ばれました。
奥様のリングには旦那様が、旦那様のリングには奥様が描かれております。
「ありがとう」のメッセージ。
僕たちの気持ちも本当にあたためてくれました。
こちらも交ぜてください、ありがとう。
e0164969_203128.jpg

material : K18ホワイトゴールド . K18


このマリッジリングと同時に、エンゲージリングもオーダー頂きました。
重ねて着けられるとの事でしたので、何か強弱を持たせれたら。
前述の『ぷくっ』の部分とこのトップの部分、重ねると、絶対可愛くなる!
実はその為の『ぷくっ』でもあります。

e0164969_2031334.jpg

マリッジリングとは一転、エンゲージリングには粗野なイメージを。
ダイヤモンドは目立ち過ぎず、控えめ過ぎず。
僕はこのリングで初めて、”ジュエリー”というものを意識させて頂いた気がしています。
一歩一歩、日々発見。

material : K18ピンクゴールド
[PR]

by huddle08 | 2013-05-21 20:03 | MARRIAGE RING
2013年 05月 21日

オーダー : SWEET 20

e0164969_19494041.jpg

ご結婚20年の記念に、リングをオーダー頂きました。

・既に着けておられる結婚指輪に重ね着けができること。
・お二人に何かしらの共通点を持たせること。
が製作上でのお題。

K18ホワイトゴールドをベースに、マットなK18を。
あくまで日常使いのリングを目指しながらも、ファッションリングとしての遊びも入れつつ。
仲良くさせて頂いているご近所さんという事も踏まえ、遊ぶところはしっかり遊ばせて頂きました!

金という、上質な素材をラフに作りたい。
これはブランドが始まった当初に思い描いていた事。
それがキッチリと形に表れており、なんとも感慨深い2つのリングとなりました。
めちゃくちゃ好きです。

旦那様のリングは、2連。
指と共に動きの生まれる、繊細さも持ち合わせております。
e0164969_2011721.jpg


material : K18ホワイトゴールド & K18
[PR]

by huddle08 | 2013-05-21 20:01 | ORDER MADE & 1点モノ
2013年 05月 21日

marriage 50

e0164969_2015718.jpg

初めて作らせて頂きました。
プラチナの、しとっっっっっ、、、としたリング。

旦那さまのリング(左)は、甲丸に近いけれどそれよりも少しぷくっとした印象のリングに。
なるべく奇をてらわないデザインで、との事ですので、直線的なイメージをしつつ。
でも実はこのライン、一度カナヅチで叩き込んでおります。
その後、甲丸に向かって研磨を当てることにより、ただのつるんとしたカマボコリングとはまた違う、雲のような独特ないびつ感が出るのです。
最小限に手仕事の痕跡を残したリングとなりました。

奥様のリング(右)は、むしろ手仕事の痕跡がメイン。
ボコボコと強く叩き込み、表面が波打っているかのよう。
しかし、細い線を使用することにより、粗々しさと軽やかさがあります。
線の太さ・形・表面加工・仕上げ、どれも違う二つのリングだけれど、全く違和感のない佇まい。

ハドルの7不思議。


material : Plutinum900
[PR]

by huddle08 | 2013-05-21 20:01 | MARRIAGE RING
2013年 05月 03日

KOBE zakka SELECTION 大丸神戸店。 そしてその後。 のその後。

先日まで出店させて頂いておりました、大丸神戸店でのKOBE zakka SELECTION。
非常にありがたい事に、沢山の方にご来店頂けました。
本当に本当に、うれしく思っております。

頑張って作った「CHOICE! 1/100」も、予想以上に反応頂きました。
イベント前までは、『ま、2/3売れれば、上々の出来。1/2は売れてくれたらうれしいなぁ。』といったところでした。
それが、4/5もお買い上げ頂け、大変大きな自信をいただけました!
僕たちのこれからの成長に、とてもとても意義のあるイベントとなりました。
重ね重ね、ありがとうございました。

e0164969_21221863.jpg
そしてなんと今回、大丸神戸店のショーウィンドウに、『Huddle』の名前が。
これは、めちゃくちゃ感慨深いものがあります。
頑張ってこのイベントを盛り上げてくれようとする大丸さんの熱も、非常にうれしい限りです。

さてさて。

明後日から少しばかり、ニューヨークへ行ってきます。
お店に残る妻には申し訳ないが、暫くの休息。

これまで一歩一歩、なるべく小さく進んできた。
たまには、大股で歩いてみようと思います。

そのくせに何も変わらないかもしれない。
だけど、『そのくせ何も変わらないのだ』という確信を持てる事が大事なのだ。

という旅をしてきます。

ではでは!
[PR]

by huddle08 | 2013-05-03 21:11 | EVENT