Huddle BLOG by Centennial

huddle.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 24日

ハドルのくちびる。

e0164969_19262511.jpg
アトリエ内で僕たちがもっともお気に入りの場所、窓際。
オーストラリアで道端で拾った郵便局の仕分箱(?)がぽつねんと置いてあります。
写真では写っていませんが、箱の中には人工芝をひいてあります。

無造作においてあると思いきや、じつはコレ、郵便受けなのです。
その上部にある穴はポストの内側。
郵便屋さんが外側から入れた郵便物がこのかごにパサリと落ちるのです。
商売上ワレモノが届く事が多いので、人工芝はクッションの役割。
古い建物ということもあるのですが、なんとも荒っぽいこの造りが僕たちの大好きな部分。(たまに手が中まで入ってきてドキッとしますが!)
よくアトリエ内が外国っぽいと言われるのですが、事務所を丸見せにしているのに加え、この荒さがまたその雰囲気を作ってくれているように思います。


ちなみに、外はコレ ↓↓↓
e0164969_2339998.jpg
[PR]

by huddle08 | 2009-03-24 23:41 | DIARY
2009年 03月 24日

飾るとういこと その①

e0164969_2257133.jpg
2Fショップへ階段を昇ると、まず目に付く壁面のモールディング。
大きな絵画の額縁に見立て、その中に無数の穴が開いています。
そこに棒を差し、アクセサリーや小物を飾ってあります。
これはわずか5坪という狭さが故、空間をなるべく広く使う為のアイデア。
写真は少し前のものなのでまださびしいですが、現在はもう少し飾り付けてあります。

実はコレ、ちょっとした小ネタがありまして。
穴を空けてある部分を線で結ぶと『HUDDLE』となっているのです。
ま、ダレも気づいた事はありませんが!
完全に自己満足ですなぁ。


e0164969_23182927.jpg
[PR]

by huddle08 | 2009-03-24 23:19 | DIARY
2009年 03月 23日

MV514P(GF)

e0164969_0442942.jpg
14k Gold Filled* のフープピアス。
あえて片耳にだけリンゴを乗せています。
繊細でオトナでありながらポップを目指して創ってみました。


Brand : malkovich
MV514P 廃盤

material : 14k Gold Filled & Silver


* 14k Gold Filled
ゴールドフィルドとは金の層を高熱と圧力で素材(真鍮)に圧着したもので、その金(10K以上)の層の重量が素材を含む総重量の1/20以上の場合、ゴールドフィルド、又は金張りと呼びます。
厚い層で作られている為、長期間使用していても剥げてくることは殆どなく、半永久的に色を保つ事ができる素材。
近年ジュエリーでも使用され始めている素材です。
[PR]

by huddle08 | 2009-03-23 00:48 | COLLECTION
2009年 03月 23日

MV256R

e0164969_034297.jpg
カギ束をイメージし、抽象的に作ったリング。
シルバーと真鍮のドロップがちょこんと付いています。
一面ずつランダムに面取りし、ラフな仕上げに。
大きさや質感が同じものは2つとなく、ハンドメイドならでは。


Brand : malkovich
MV256R 廃盤

material : Silver & Brass
[PR]

by huddle08 | 2009-03-23 00:41 | COLLECTION
2009年 03月 23日

MV507R

e0164969_0155043.jpg
シルバーと真鍮の4連リング。
異なる大きさのプレートが飛び出ております。
プレートたちがちぐはぐに重なり、面白いです。
真鍮(写真右)は、リングの定説にはあるまじき、ふざけたカタチ。
それがまた愛らしいです。


Brand : malkovich
MV507P 廃盤

material : Silver & Brass
[PR]

by huddle08 | 2009-03-23 00:29 | COLLECTION
2009年 03月 23日

MV511P

e0164969_23591728.jpg
自分たちで作っておきながら、夫婦そろってこのピアスのファン。
大きさは12mm程度でじか着けのピアスとしては大きめで厚みもある方。
表面を少し溶かしており、クレーターのようにザラザラしています。
服を選ぶピアスではありますが、ハマるとめちゃくちゃかっこいいです!


Brand : malkovich
MV511P 廃盤

material : Silver
[PR]

by huddle08 | 2009-03-23 00:09 | COLLECTION
2009年 03月 20日

アトリエ

e0164969_1224446.jpg
アトリエの全貌、やっとアップ。

奥のピンクの壁が強烈なインパクトを。
そして壁のパネルに並んだ工具たちが機能的であり、カッコよいです。
我ながらほれぼれ。

実は1Fアトリエ、昼間は外が反射して意外にハッキリ中が見えないのです。
そのため、1Fで作業しているという事を気づかない方もいたり。
外から見えるのは、暗くなってから。
夜の道にぼわんと浮き上がっているアトリエ風景が、僕はだいすきなのです。
その写真もそのうち撮ってアップします!
[PR]

by huddle08 | 2009-03-20 12:33 | DIARY
2009年 03月 16日

臨時休業のおしらせ

只今出荷業務が大変込み合っておりまして、誠に勝手ながら下記の日時はSHOP Huddleをお休みさせて頂きます。

3/16(mon) ~ 3/19(thu)
[PR]

by huddle08 | 2009-03-16 13:34 | DIARY
2009年 03月 15日

看板完成!

e0164969_19253358.jpg
「ココ。。は。。お店でイイ。。。。。んですよね???」
と恐る恐る入ってこられるお客さんが多かったこの1ヶ月。
やっとそれらしく看板を作ることが出来ました!
自宅で作業していた時の作業台をノコギリでこしこしと切り、ペンキを塗り塗り。
ビビッドな黄色に少しオレンジを混ぜた様な色にしたかったので、黄色とオレンジと赤を買ってきて調合。
乾いたら思っているよりオレンジが強くなってしまったのだけれど、それはそれで上品な、微妙な色になってくれて気に入っております。
いろいろと訳あって裏はちょいとばっちぃですが、その辺の対策はまた後日に。
ひとまず、前よりか少しは堂々と入って頂けるのではないかと。

ところで、Huddleの看板はなぜに黄色なのか。
ある日、色を夫婦であれやこれやと考えておりました。
「緑もいいなぁ」
「でも斜め前のJRAとかぶるから、窓枠の色と合わせて紺にしようか。」
「インパクトのある色がいいから、赤!」
「職人的なのと、洗練されたイメージで、青!!」
「いやいや、紫!!!」
とそんなハナシをしていた横で、ちょこんと座って会議に参加していた(つもり)の2歳になったばかりの娘、コハクが口を開きました。

「はーく、きいろー!!!!」 (コハクと言えない。しかも黄色しか言えない。)

黄色。。。アリやなぁ。

黄色なんて考えてもいなかったし、頭の中で勝手に排除してしまっていました。
今までのカタログなどの色でも選んだことの無い色。
よし、この天才がそう言うなら、いっちょ黄色でいったろうやないかい!
と、こんなノリで決まったのです。

結果的に前に置いてみると、窓枠の紺、窓から見えるアトリエの泥臭さ、奥のピンク、それらをうまくまとめてくれる、完璧な色でした。

これはもう大天才、いや、神童ですな!
[PR]

by huddle08 | 2009-03-15 20:06 | DIARY
2009年 03月 13日

衝 動 2 0 0 9

前回の記事でbucato cafeさんのコトを書いたので、ついでのように。

bucato cafeさんでは、ギャラリーとして常時作品を展示しておられます。
いろいろなイベントを組んでたり。
僕にとって、非常に楽しく、刺激を受ける場所です。

そんなbucato cafeさんで、先日ビールを飲んでぼーっとしながら考えました。
『ここで個展をさせてもらおう』と。
アクセサリーでは無いもので。
今年は動きまくると決めた2009年。
挑戦的なコトのひとつ、初の個展です!
こういうのは、自分の店でやらない方が良いと相場は決まって(ダレの?)いるのです。

大まかなイメージは、その場でなんとなく浮かびました。
(というか、浮かんだからお願いしたという方が正しいのかも。)

よし、やるゼ、2009年!!!

と思いきや、bucato cafeさんのギャラリーは非常に人気。
実はコレ、来年のハナシ。しかも来春のハナシ。
2010年4月の中旬より2週間です。

約1年先、じっくり取り掛かろうと思っています。

bucato cafe
[PR]

by huddle08 | 2009-03-13 22:12 | DIARY