Huddle Accessories

huddle.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:MARRIAGE RING( 128 )


2010年 09月 12日

marriage 08

e0164969_23234271.jpg


K18ホワイトゴールドのマリッジリング。
ホワイトゴールドには絶妙な重厚感があり、僕はスキです。

大きめの鎚目を入れる事によって、着けたときに微妙に波打ったイメージが生まれ、キレイです。
じつは4箇所、サイドから強く叩きを入れています。
e0164969_23321973.jpg


そうすることによって、ご希望のひとつであった『なんとなく四角く。』になりました。

オーダーのマリッジは、こういう細部のこだわりを具現化できるので、作ってる僕自身もカイカンを頂いております!

material : K18 White Gold
¥50,000- /本 (税抜)

by huddle08 | 2010-09-12 23:38 | MARRIAGE RING
2010年 09月 02日

marriage 07

e0164969_2313714.jpg

オーダーマリッジリング第7組目のお客様。

K18ピンクゴールドです。
過去のマリッジリングのすべての原型は、丸線をボコボコと叩き、丸めてリングにしています。
そしてその中でも、ほとんどが太すぎず・細すぎずの2mmの丸線を使っています。

今回、旦那サマはボリューム感のあるリングがお好みということで、3mmの線を使いました。
ピンクゴールドで3mmを使うのは初めて。
楽しみにしていたのですが、その存在感は想像以上にカッコイイ!

輝きすぎず、自然な光沢が良いとの事だったので、表面磨きは最低限しかかかっておらず、その為金鎚の鎚目がしっかりと残っています。

material : K18 Pink Gold
(右) ¥50,000- (税抜)

(左) ¥62,000- (税抜)

by huddle08 | 2010-09-02 00:09 | MARRIAGE RING
2010年 08月 03日

marriage 06 ~ MY LEFT HAND ~

マリッジリング、第6作目、初めてタイトルが付きました。
個人的にもある意味、歴史的な1作。

遠く、島根の地からはるばるやって来て頂いた、さわやか、且つ、おもしろ夫妻。
マリッジリングを作りに、わざわざ神戸まで。
本当にうれしい限り!

e0164969_1333411.jpg

いろいろと過去のマリッジリングの作品をお見せして、ふと夫妻の目に留まったのが、コレ
記事にも書いてあるが、実は僕が作ったのではなく、教室でダンナさまが作られた一品。
個人的にも、一周してある意味ではこんなリングに辿り着きたいと思う程、絶妙なまでの不均一感やヘタウマ感があるのです。
確かにめちゃくちゃカッコイイ。
しかし、一定の叩き方の染み付いた僕には、出せそうで出せないラインなのです。
すると、ご依頼主からのご提案が。

『左手で叩いてみませんか?』

おもしろい。
今までまったく無かった発想。

やってみると、確かに思いっきり不器用だ。
力も上手く伝わらないし、めちゃくちゃ疲れるし、何より狙ったところに全く金鎚が当たらない。
しかし、みるみるするうちに、僕の思い描いていたヘタウマ感が現れてきたのです!
そのヨワヘタな鎚目にマットゴールド仕上げの磨きをかけ、不揃いさと誠実さを併せ持ったリングに。

そんなこんなで産まれたこの『MY LEFT HAND』、誠にカッコよろし!

そして、、、
e0164969_142426.jpg

なんと内側のリングの彫字、ヘタウマならぬ、ヘタな僕の手書き!

本来なら規定のフォント数種類の中からお選び頂くのですが、オーダーシートに書き込んだ僕のフニャフニャした字を見て、この字がイイと。
しかもデータ取り込みで別料金が掛かってしまうのですが、ご承諾。
何とも大胆かつ勇気ある行動に、実は嬉しかったり!

そんなこんなで、初めてづくしのこのマリッジリングでした。

やっぱり、オーダーでマリッジリングを作るのは楽しい。
ご依頼主がこだわればこだわるほど、そこは想像力と創造力のコブが生まれる。
そのコブがやがて山となり、山脈となり。
その山々を乗り越えるからこそ、大きな達成感が生まれるのだと思うのです。


material : K18 Pink Gold
¥50,000- + ¥5,000- (手書きデータ取り込み)/本 (ともに税抜)

by huddle08 | 2010-08-03 14:21 | MARRIAGE RING
2010年 06月 06日

marriage 05

先日マリッジリングのご依頼を受け、製作しました。
マリッジのお仕事は、本当に楽しい!
僕たちのデザインのポリシーとして、「シンプルかつ不均一であること」を念頭に置いております。
世に数あるマリッジリングの中で僕たちのこの感覚を選んで頂けている事、そしてそれが日常の一部分になっている事、本当に嬉しく思っております!

e0164969_14274791.jpg

marriage 05

ぼこぼこと鎚目を付け、粗く仕上げたピンクゴールドを鏡面仕上げすることにより、無骨さときらびやかさをあわせ持ったマリッジリングに。
線をやや波打たせる事により、リングがくるくる回る度に違った表情が現れます。
それぞれの好みに合わせて旦那様は2.0mm、奥様は1.5mmの線を使用しました。

material : K18PG
¥50,000- /本 (税抜)



<素材変更も可能です>
K18・K18WG ¥50,000- /本 (税抜)

PT900 ¥80,000- /本 (税抜)

by huddle08 | 2010-06-06 14:47 | MARRIAGE RING
2010年 03月 28日

marriage 04

ド近所のカフェ、bucato cafeのオーナー、松尾さんがご結婚されました。ぱちぱちぱちぱち。
昨年からオーダーを受けておりましたマリッジリングが、先日の式直前に出来上がりました!
オーダー内容は、『シンジテイルカラ、スベテマカセル!』

嬉しい言葉です。
そして、重い言葉です。
それはまるでビストロ・スマップのように。

一生モノである結婚指輪を任される嬉しさと重圧。
いっそそれなら、やった事の無い事をしてやろうと思った。
まるで新作を作るかの様に。

e0164969_21525476.jpg

marriage04

左 : K18ピンクゴールド & K18ホワイトゴールド
ピンクゴールドのリング内側に薄く叩き延ばしたホワイトゴールドを貼り付けてあります。
ランダムに貼り付けてある為、着けたときにリングのサイドからホワイトゴールドがところどころ見える様にしております。
プレート部分には入籍日・イニシャルを打刻しました。

右 : SV950 & K18ゴールド
ダンナ様は径の太い線を使用。
同じく、内側に薄いゴールドを貼り付けて叩き込みました。
径が太い分、よりランダムに付ける事が出来ました。
仕上げは光らせず、白くくすませております。
白いシルバーに少し焼きを入れたゴールドが、金物でありながら、不思議と陶器を思わせる質感になりました。

by huddle08 | 2010-03-28 23:12 | MARRIAGE RING
2009年 08月 30日

marriage 02

暫くぶりの更新です。
なんやかんやと忙しい8月。
今月はマリッジリングの第2作目を製作させて頂きました!

e0164969_19172146.jpgmarriage 02

約2mmの線を使用した、細めのシンプルなマリッジリング。
素材はプラチナを使用しました。
金槌で全体にボコボコ感を付けております。
奥様のリングには、1mmのちいさな一粒のダイヤモンドを。
この2つのリング、一見同じように見えますが、実は旦那様のリングの方が槌目が大きく、全体に緩やかなイメージに。
仕事柄デザインのありすぎるリングはあまり良くないという旦那様。
奥様のリングとの関連性も残しつつ、ご希望に添えるようなラインに仕上げております。

material : プラチナ
¥80,000- (税抜)

¥90,000- (ダイヤモンド入り/税抜)



今までお友達に作らせて頂いていたマリッジリングでしたが、今回初めてお客様に作らせて頂きました。
このお仕事は、いつも以上に綿密に作り上げなければなりません。
サイズ・質感・色合い・輝きなどなど。
一生モノですから、失敗作やご希望に添えないモノを作り上げることは絶対にあってはならないと思っています。
増してや製作に時間が必要な上、もちろんお客様にも使用するべき日があります。

お渡しする時は、それはもうドッキドキで爆発寸前。
その分、お見せした瞬間に喜んでいただけると、本当に本当に嬉しい限りなのです。
昨日お渡しさせていただいたのですが、正直なところ、僕は涙を必死でこらえておりました。
最高にシアワセを感じる瞬間です。

お2人が末永くお幸せでありますように!

by huddle08 | 2009-08-30 15:35 | MARRIAGE RING
2009年 07月 19日

アカシ。

e0164969_1435218.jpg先日、古くからの友人がめでたく結婚致しました!
ありがたいことにマリッジリングのオーダーを頂いたのですが、ひょんな話の流れからダンナさまが彫金教室にて結婚指輪を作るということに。
シルバーで原型をつくってもらい、それを型取りしました。
『字がギリギリ入る程度のなるべく細い線』とのご希望だったので、強度的なことも踏まえて約1.4mmの線に。
線をガンガン叩いてボコボコにさせています。
素材はK18のピンクゴールド。
表面はマット仕上げにしました。

同じ工具を使い、同じような作り方をしても、やはり個人個人の味が出ます。
おそらく、長年かかってクセ付いてしまった僕には出せないであろう絶妙な凹凸感がなんともカッコイイです。
ちょっとうらやましい。。。

教室でお互いの結婚指輪を作り合うというのもなかなか楽しいかも。
そして何より、大きな思い出がカタチとなって残り続けるというのは、本当にステキな事です。


e0164969_14182064.jpg


material : K18 Pink Gold
¥40,000 + ¥4,000(レッスン代) 計:¥44,000- (税抜)

by huddle08 | 2009-07-19 14:28 | MARRIAGE RING
2009年 07月 06日

marriage 01

先日、幼なじみの結婚指輪を製作させていただきました。
初めて作るということもあり、ドキドキしながらも気合入れて作りました。

e0164969_1437234.jpgmarriage 01

細めの線に太さ・形に強弱をつけ、ランダムに面取りをしております。
着けた時にまっすぐな線にならないように、だけどわざとらしくならないように、微妙なゆがみをつけました。
手作り感を残した大小さまざまな面がランダムに輝き、K18WG独特のシックな素材感を静かに主張しております。
表面にはマット加工を施しました。

material : K18WG
¥50,000- /本 (税抜)


<素材変更も可能です>
K18・K18PG ¥50,000- /本 (税抜)

PT900 ¥80,000- /本 (税抜)


(その他、マリッジリングのフルオーダーも受け付けておりますので、気軽にお問い合わせくださいませ。)



昨日、その彼の結婚式に行ってきました。
ありがたいことに、リングをピローに移し、バージンロードの上を歩いて新郎新婦までリングを運ぶという大役までさせていただきました。
そしてお2人が指輪をはめたとき、『僕は本当に、二人の人生の大事な一部分を担わせてもらったんだなぁ』と嬉しく思うと同時に、改めてこの仕事の素晴らしさと責任感を体感させていただきました。

ほんとうに、おめでとう!

by huddle08 | 2009-07-06 14:58 | MARRIAGE RING