Huddle BLOG by Centennial

huddle.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:COLLECTION( 113 )


2016年 07月 30日

2016 『No.26』

e0164969_1219386.jpg

以前にテレビで、アフリカのとある少数民族のドキュメンタリーを見た。
電気もなければ、お風呂もない。
むしろ、今僕たちが目にしているほとんどのモノが、ない。

しかし彼らには、生命力があり、誇りがあり、文化があり、強さがある。
象徴がある。
継承もある。
彼らのまとっている衣服・装飾品・ツールには揺るぎない美意識や信仰があり、それらの造形には美しさがあった。
そしてその美しさを楽しむ力があり、遊ぶ心があった。

僕たちよりも圧倒的に持っているモノは少ないのだけれど、そのかわりそこには、必要最低限がたくさんある気がしたのです。
今回は、そんな彼らに衝撃と感動を受けての製作です。



古代的な、または、民族的な博物館にふと訪れたかのようなNo.26。
その博物館に展示されているツールや、あしらわれているマークや紋様。
それぞれのその意味は、全く解らない。
やけに長かったり。やけに大きかったり。
一見すると整然とされているけれど、よく見ると非対称だったり。
解らないからこそ、想像が掻き立てられる。引き込まれる。
そんなイメージを、僕たちなりに形にしてみた今回。
じわじわと、時間をかけて楽しんで頂ければ幸いです。

ハドル 永藤博胤・永藤美奈子







.
[PR]

by huddle08 | 2016-07-30 12:27 | COLLECTION
2016年 07月 30日

2016 『No.26』 : Pierce ①

e0164969_1150293.jpg
1371P
¥9,000- (税抜)

半月型のシルバーの小さな粒。
そこに何かの指標を示しているかのように、K14ゴールドフィルドが貼りついています。
大きさはv6mm程と小さく、サブピアスとしてもお使い頂けます。



e0164969_1150577.jpg
1372P
¥14,000- (税抜)

上のピアスを包むかのように、約1.2cmのK14ゴールドフィルドのプレートが。
このプレートは固定しておらず、直付けピアスでありながら、耳元で少し揺れてくれます。
真円のプレートを粗く叩きこむ事で生まれるいびつな形や表面質感がとても素敵。



e0164969_11511629.jpg
1373P
¥12,000- (税抜)

点から点へ線が1本、そこから2本目の線が伸びて、3本目の線を最初の点に繋ぐ。
そしてその時に初めて、面が生まれる。
線から面になる最もミニマムな形、三角形。
僕は三角形を見るといつも何故か、お守りを連想するのです。

丸いシルバーの粒を入れる事で硬さが抑えられ、攻撃的ではない、三角のフォルムになってくれました。
大きさは1cm程で、耳たぶから少し落ちるぐらいの大きさ。



e0164969_11512936.jpg
1374P
¥32,000- (税抜)

方位?時間?とにかくそういった、何かしら『現在』を測っていたかのような、架空のツールの様なものを目指して。
縦約2.5cm、横約1.7cmと大きめの直付け。
シルバーのぷくっとした線とK14ゴールドフィルドのバランスがとても好きです。
非常にエレガントで、かっこよい。



e0164969_11514527.jpg
1375P
¥25,000- (税抜)

テーマはおまじない。
フックから棒の先端までの全長が約6.5cmと長めです。
K14ゴールドフィルドの細めのフレームに、球体のように膨らみを付けて線を貼っております。
そうする事によって、ひし形や三角や線のそれぞれのチャームに奥行きが生まれ、とても立体的な素敵なフォルムになりました。
横から見てもとても楽しいピアス。
















.
[PR]

by huddle08 | 2016-07-30 12:25 | COLLECTION
2016年 07月 30日

2016 『No.26』 : Pierce ②

e0164969_11531534.jpg
1376P
¥12,000- (税抜)

月への祈り、をイメージして。
下方にすぅっと伸びる1本の細い線はとてもしなやか。
月の下でさらさらと揺れる薄い2枚のプレートが更に上品な動きを与えてくれ、とても効果的です。
フック含め、全長約5.5cm。



e0164969_11534467.jpg
1377P
¥20,000- (税抜)

縦約3.3cm、横約2.2cmとやや大きめの直付け。(ポストはシルバー部分の裏に付いております。)
しかし線を細く仕上げておりますので重さや圧迫感を感じさせず、軽快に着用頂けます。
左右が全く同じではないそれぞれの輪の微妙な形と、耳元に来るきっちりとした造形とのアンバランスさが、まとまりを持たせてくれたのだと思います。



e0164969_11535624.jpg
1378P
¥10,000- (税抜)

K14ゴールドフィルドとシルバーの、それぞれが違う形状の線を並べております。
三角の1辺から、3本の様々な太さ・長さの線を落としただけのシンプルな構造ですが、そのシンプルさがとても潔くてスキです。
イメージは、上昇。
デザインの始まりは実は上向きの矢印を作り、そこに肉付けしていったピアスです。
全長約5cm。



e0164969_11543570.jpg
1379P
¥15,000- (税抜)

月への祈りパート2。
約2cmほど。
横長の円に通ったシルバーとK14ゴールドフィルドの塊は固定されておらず、左右に動いてくれ、耳元でインパクトを与えてくれます。
そこはかとなく漂うなんともオマヌケなフォルムが、とても愛らしい。



e0164969_11545130.jpg
1380P
¥23,000- (税抜)

元々は、ネックレスから始まったこのイメージ。http://huddle.exblog.jp/24562215/
『遊牧民が使ってそうなホイッスル』がテーマです。
幾重にも連なる様々な大きさ・形のビーズはひとつひとつ手作り。
キレイになりすぎないように、しかし粗いだけではなくどこか洗練されている雰囲気を意識して構築しております。
左右が全く同じではなく、しかし違い過ぎない程度のアンバランスさに気を使っており、実は結構頭と根気を必要とするピアスなのです。
全長約4.2cm。



e0164969_11551177.jpg
1381P
¥28,000- (税抜)

こちらも元々はネックレスから始まったイメージ。http://huddle.exblog.jp/24562215/
テーマは権力。

それぞれの形状や厚みや長さなど、これでもか!と言う程バラエティに富んだパーツを散りばめ、それぞれの隣り合うパーツが重ならないように配置。
縦にシャラシャラと落ちるデザインがとても華麗なピアスとなっております。
長い方は全長7cm。
段差や抜けを作る事で不均一な美しさが生まれております。

もう片耳は、あえてシンプルに。
こういう華やかなデザインは、両耳をゴージャスにしてしまうと、途端に舞台衣装の様な印象を持ってしまいます。
片耳にだけ比重を置く事でよりいっそう面白味が生まれるのだと思います。














.
[PR]

by huddle08 | 2016-07-30 12:24 | COLLECTION
2016年 07月 30日

2016 『No.26』 : Necklace

e0164969_1251568.jpg
1351N
¥14,000- (税抜)

三角の3つの連なり。
40cmの短めのチェーンに軽やかなプレートを並べる事により、首元でひそやかに主張してくれます。
所々チラッとのぞかせるシルバーが良いアクセントとなってくれております。
一番大きい三角の1辺が1cm程です。



e0164969_1253553.jpg
1352N
¥14,000- (税抜)

様々な遊牧民の、家畜の耳に付けられるタグを寄せ集めたイメージで。(果たして遊牧民がタグを付けているかどうか、はさておき)
何って訳ではないのに、なんだか好きな形。
長さ1.2cm程の小さめのトップがころんと揺れるネックレスは愛嬌たっぷり。
チェーン40cm



e0164969_1255224.jpg
1353N
¥15,000- (税抜)

鍵?杖?とにかくビョン!と長い約8cmのトップ。
三角の部分を立体的に起こしている事で、ただ単なる棒ではない、とても面白い効果が生まれました。
チェーンの長さも60cmと長めにしており、一見ラリエットの様なイメージもあってとても素敵です。



e0164969_126145.jpg
1354N
¥24,000- (税抜)

ピアスでも説明いたしました、遊牧民のホイッスル。http://huddle.exblog.jp/24562190/

ネックレスは長く長く、トップ長さが約8.5cmにも。
ピアスも同様ですが、実は一番下のシルバーの塊部分のみ動くような仕様にしており、硬くなりすぎないようなイメージにしております。
配置や色のコントラストなど、実はこう見えて、めちゃくちゃ頭を悩ましながら積んでゆくのだけれど、だけど感じてもらうイメージとしては、「たまたま繋げてみたらカッコよくなっちゃった感」も必要で、その辺りのライブ感をとても大切にしております。



e0164969_1262713.jpg
(左) : 1355N
¥18,000- (税抜)

(右) : 1356N
¥26,000- (税抜)

ピアス同様、方位?時間?とにかくそういった、何かしら『現在』を測っていたかのような、架空のツールの様なものを目指しております。
小さい方はトップ全長約3.5cm、大きい方は全長約5.5cmとドン!と大きいトップ。
シルバーの、マットの当たった光沢の少ない質感や造形が、妖艶さも醸し出し、非常にカッコ良いのです。



e0164969_1263962.jpg
1357N
¥36,000- (税抜)

テーマは権威。
ピアスに更に輪を掛けて手を入れております。
縦は約7cm、横は約3cmと、大きめ。
デザインに当たって、それぞれのパーツの配置の緩急が非常に難しかった。
ある程度の密度と抜けの空間の分量、色味のバランスと、実質的な左右の重量のバランス。
とてもとても意識した部分です。
非常に華のある、着けていると嬉しくなるようなネックレスとなったかと思います。

作っていると、既にもうおかしくなりそうなぐらいのパーツ数ですが、実はハドル店頭にはコレの倍以上並べた超絶変態的ネックレスもございます(笑)
その分たっかいですが、ご興味ありましたら冷やかし半分に、見に来てやってくださいな!















.
[PR]

by huddle08 | 2016-07-30 12:23 | COLLECTION
2016年 07月 30日

2016 『No.26』 : Blacelet

e0164969_11574831.jpg
1391B
¥16,000- (税抜)

1辺約1cmの三角。
前述のピアスやネックレスでもはやお馴染み。
腕に三角がひとたび乗ると、これまた愛嬌のあるブレスレットとなってくれます。



e0164969_11581349.jpg
1392B
¥22,000- (税抜)

様々なチェーンを連ねたバングル。
腕から約4cmほど垂れ下がる輪の数々は、女性的でもあり、パンク的でもあり。
長袖になっても、袖からちらりと動きが見え、長く活躍してくれるかと思います。



e0164969_115825100.jpg
1393B
¥10,000- (税抜)

ハドルのトレードマーク、金槌です。
重ねづけにピッタリのフォルムと色合い。
一見ハンマーに見えない、ぐらいの再現性をとても大事にしています。



e0164969_1158398.jpg
1394B
¥13,000- (税抜)

細く、軽いバングル。
アームの幅は1.4mm程とサラっと着けて頂けるボリューム感。
コロコロと揺れ動く真中のシルバーとK14ゴールドフィルドが非常に効果的です。



e0164969_11585290.jpg
1395B
¥22,000- (税抜)

幅約1cmぐらいのシルバーベースのバングル。
何かの標本をイメージしてのデザイン。
一定間隔で配置されたそれぞれのカタチは、ただただ無機質な訳ではない柔らかさも持ち合わせており、我ながらとても不思議な気持ちになります。
内側を削り込み、皮膚に触れる部分をなるべく心地よい当たりにしておりますので、大きさの割にストレスなく着用頂けるかと思います。



e0164969_1159194.jpg
1396B
¥26,000- (税抜)

ザ・民族的。
一番太い部分で1cmぐらい、存在感たっぷりです。
1つ1つのパーツは太い線を叩きこんで仕上げてゆきますので、ハドル特有の粗い質感が、それでいて整然と並んでいる様は圧巻。
1本でも勿論素敵なのですが、このバングルをベースに、ぐちゃっ!とバングルを大量に重ねる着け方も、更にカッコ良いのです。














.
[PR]

by huddle08 | 2016-07-30 12:22 | COLLECTION
2016年 07月 30日

2016 『No.26』 : Ring

e0164969_1221671.jpg
1360R
¥15,000- (税抜)

1辺1cmの三角。
細いシンプルなリングたちと重ねて、または三角の下に潜り込ませて着けても面白い。
リング部分は1.2mm線を使用しており、圧迫感の少ないリングです。
小指に着けてもカワイイ。



e0164969_1224230.jpg
1361R
¥14,000- (税抜)

リボン、じゃないんです。実は。
1378Pのピアスを横方向に。
http://huddle.exblog.jp/24562190/

ぐるっと一周回った、矢印。

だったのですが、誰がどう見てもリボンなので、これはリボンです。

トップをくるっと後ろに回せば、ごくごくシンプルな3連リングとも使える、一挙両得なリング。
幅は約5mm、厚みは1mm程ですので、とても軽やかに着けて頂けます。



e0164969_1225567.jpg
1362R
¥16,000- (税抜)

写真では伝えにくかったのですが、リングのトップにかけてだんだん高さを出しております。
トップの裏側(手のひら側)は2mm程、トップは4mm程の高さ。
見えている面の反対側はスパッと切ったように、平らな面にしており、表と裏のギャップが面白い。
K14ゴールドフィルドのカタマリはころころと動き、ついつい触りたくなってしまいます。



e0164969_123611.jpg
1363R
¥28,000- (税抜)

前述のピアスやネックレスにも登場した、方位?時間?リング。
フレームの大きさは縦約3cm、横約2cmと大きめ。
指元を大きく纏ってくれます。
それでいて、抜けのあるリングは指を圧迫しませんので、思いのほかストレスなく着けて頂けるのです。
K14ゴールドフィルドの粒玉の線がピシっとした印象を与えれくれ、非常に効いてます。
存在感とてもとてもカッコ良い。



e0164969_1233023.jpg
1364R
¥15,000- (税抜)

2.5mmと太めの線を使い、そこからシルバーの三角がぴょんっと飛び出ます。
一番高い頂点の部分で約7mm。
おにぎりのような、はたまたグラフィカルな。
ただただフォルムとして、僕のスキな造形。
正直にお伝えしますと、日常的な使用としては、非常にジャマです(笑)
ただ、重ねられたたくさんのリングの間から、このリングの先のシルバーがぴょんっと顔を出す様はとてもカワイイ。

* コレを着用しグーで殴ると、そこそこの攻撃力となりますので、お気をつけ頂ければ幸いです。















.
[PR]

by huddle08 | 2016-07-30 12:20 | COLLECTION
2015年 12月 25日

2015 『No.25』

日々のバタバタに押しやられ、なんやかんやとアップが遅れてしまいました。
ハドルをお取扱い頂いております店舗さまには、ご迷惑おかけいたしました。。。
精力的に製作に励みますので、どうぞ宜しくお願いいたします!



2015年の年の瀬となりますが、新作20数点アップ。

シルバーやK14ゴールドフィルドを、重ねる、並べる、交差させる事によって生まれる、光や影・溝、それらと素材自身の持つ輝きとのコントラストに重点を置いて制作いたしました。
また、今までにあまり出していなかった、やや重量感のあるものも。

立体感や凹凸の高低差・重量感の対比、突き詰めるてみると、一辺倒なようで一辺倒で無い、不思議な魅力のあるシリーズとなりました。

個人的には少しづつではありますが、年々出来る事が増えてきており、また、デザインとしてあえてやらない、という事も出来つつあります。
今回はその成果が表れている様で、勝手に嬉しく思っているのです。(個人的に、なので表面的には見えないかと思いますが)

とっつき易い派手さの無いNo.25ですが、その分、じわじわと長く楽しんでもらえるかと思います。

どうぞ、宜しくお願いいたします!


ハドル



メリークリスマス!

[PR]

by huddle08 | 2015-12-25 23:27 | COLLECTION
2015年 12月 25日

2015 『No.25』 : Pierce ①

e0164969_1501424.jpg
1310P
¥9,000- (税抜)

程よい大きさの直付けピアス。
枝の様に3方向に広がるいびつな線は、堅さを抑えてくれます。
シルバー部分にポストが付いており、耳たぶから少し出るぐらいの粒玉の線が、とてもかわいい。



e0164969_1511239.jpg
1311P
¥12,000- (税抜)

上のピアスに、さらさらと揺れ動く、K14ゴールドフィルドとシルバーの2色の細い線を。
すとん!と下に落ちる線は女性らしさをグッと引き立ててくれます。



e0164969_1515917.jpg
1312P
¥24,000- (税抜)

シルバーの玉の連なりと、K14ゴールドフィルドの交差。
そこにランダムに配置された、プレートやカタマリ。
国旗やら紋章やらのマークにありそうな配置感や抜け感をどこか意識しつつ、それでいて左右非対称のバランス感も意識しながらの、なかなか作り手(←自分)泣かせなピアス。
着けた時のフォルムが、とてもキレイ。



e0164969_153576.jpg
1313P
¥16,000- (税抜)

シルバーとK14ゴールドフィルドのプレートを分断するかの様な、シルバーの粒玉。
硬いイメージの角々しいプレートは薄く、柔らかいイメージの丸い粒にはボリュームを持たせる。
そうする事で、全体に角ばったフォルムを持ちながらも、やわらかなイメージもある、面白いバランスになってくれました。



e0164969_1547100.jpg
1314P
¥28,000- (税抜)

どん!どん!とそそり立つかのように配置した、様々な形や素材の寄せ集まり。
下の写真の様にポストが上部についており、着用すると耳たぶを覆い込むように、山型にパーツを配置しております。
なかなかボリュームのある直付けピアスですが、非常に存在感があり、とてもカッコ良い。
全面の菱形のプレートは揺れ、しなやかさも。
e0164969_1544641.jpg
[PR]

by huddle08 | 2015-12-25 22:32 | COLLECTION
2015年 12月 25日

2015 『No.25』 : Pierce ②

e0164969_157291.jpg
1315P
¥18,000- (税抜)

シルバーがベースのピアス。
フープ状になっており、耳の真下で、大小さまざまな輪が揺れるようにしてあります。
根元のしっかりとしたイメージと、下部のしなやかなイメージとの対比が面白い。



e0164969_1572515.jpg
1316P
¥12,000- (税抜)

シルバーの粒の寄せ集まり。
完全に埋めるのではなく、所々、抜けがあるのがミソ。
この抜けは、ただのカタマリではない、軽やかさを出してくれます。
中心よりも少しズレた所に配置されている、K14ゴールドフィルドが良いアクセントに。



e0164969_1573782.jpg
1317P
¥24,000- (税抜)

これはもう、 ぶっきらぼうに重ねてみただけなのです。当初は。
そのバランスが、とても面白かった。
ぶっきらぼうさが、「ん?まだ途中?」と思わせる唐突さもあって、耳の上でとても立体感を出してくれます。
こういう、言わばノリで作ったデザインは、実はリピートして製作するのがとても難しい!
あの時のぶっきらぼう感を忘れてしまうと、とたんに、面白くなくなってしまうのですね。


e0164969_1575073.jpg
1318P
¥20,000- (税抜)

さらさらと何重にも重なった薄いプレートの根元部分に、ポストが付いています。
耳からすうっと下に落ちるしなやかな線と、そこから段違いに揺れるシルバーのチャーム。
こんなアンバランスさが大好きです。
左右ひっくり返して(シルバー部分を頬側に)着けると、また印象が変わり、ステキです。



e0164969_158524.jpg
1319P
¥12,000- (税抜)

つぶつぶの線に、つぶつぶの輪。そこにちょこんと、シルバーの塊。
ただそれだけなのに、とてもカワイイ。
重心が下部にある分、揺れも大きくなってくれております。



e0164969_1581975.jpg
1320P
¥10,000- (税抜)

バーの左右にチャームが揺れるピアス。
写真の様にナナメに着けたり、縦にしたり、もちろん真横にしても面白い、変幻自在なピアスです。
プレートを下に持ってくるか、輪を下に持ってくるかでも結構イメージが変わります。
サイズ感もちょうど良く、着けるシーンを選ばないピアス。



[PR]

by huddle08 | 2015-12-25 22:27 | COLLECTION
2015年 12月 25日

2015 『No.25』 : Ring

e0164969_1513492.jpg
1340R
¥27,000- (税抜)

前述のピアスのリングバージョン。
この、ガタついたフォルムが指に乗ると、これまたカッコ良い。
にゅんっと上下に飛び出るバーには、ひっかけ要注意!
着用感も踏まえて短くする事も考えましたが、やっぱりこの長さ、とても大事でした。



e0164969_15122223.jpg
1341R
¥35,000- (税抜)

6つのパーツに分かれる、とてもとてもボリュームのあるリング。
パズルの様に組み合わせることが出来、バラバラに着けて頂く事も出来ます。
重ねた時に少しづつ出来る隙間をわざと作る、製作時に案外計算が必要なリングなのです。
上下の寄り線のリングが、非常に利いています。
e0164969_15124134.jpg



e0164969_15132490.jpg
1343R
¥16,000- (税抜)

シルバーの幅13mm程のリング。
案外この幅のリングを作った事がなく、僕たちとしても、とても新鮮でした。
幅がある分、厚みを抑えており、軽やかに着用頂けます。
凹凸感のあるK14ゴールドフィルドの輪をあしらっただけなのですが、その潔さがまた、古代を彷彿とさせてくれ、とても素敵です。



e0164969_15133955.jpg
1344R
¥16,000- (税抜)

上のリングと同じ幅、シルバー1色のリングです。
そう言えば、シルバー素材だけのデザインは、かれこれ3年ほど出していませんでした。
シルバーの粒玉が、結構、ぷっくり出ています。
全体に当たったマットがまた、主張しすぎず程よい光沢感を出してくれています。
今回はこの連粒が大活躍。良いアクセントとなっております。



e0164969_15135456.jpg
1345R
¥18,000- (税抜)

上の2本と、またまた線の幅・厚みは一緒。
ただしこのリングには、お家の扉のような形の、一箇所飛び出た部分が。
この、ぷくんとしたフォルムが利いております。


e0164969_15142241.jpg片方にはK10のちいさな玉を、
e0164969_151478.jpgもう片方にはK14ゴールドフィルドとシルバーの線を走らせ、正面からチラッと見える装飾がまた、カワイイのです。





余談中の余談ですが。
ちょうどこのリングを作っていた頃、とあるRPGをしておりまして、まさにこんな扉に入ろうとしたら、その中に居たじいさんに『よそ者は帰れ。』と罵られたばかりでした。
その事を興奮気味に嫁子供に伝えたところ。「知らんがな。」と一蹴されましたとさ。
[PR]

by huddle08 | 2015-12-25 22:26 | COLLECTION